背番号1歴代選手紹介~総論:進藤から金城までミスターベイスターズ


☆スイング軽い進藤から、波留1番を経て、見せてくれた金城龍彦まで

◇ミスター〇〇 背番号1はチームの顔

背番号1と聞けば
世界の王貞治、常勝西武の秋山幸二、広島カープのレジェンド前田智
ヤクルトでは若松、池山、青木など
チームの顔さらには
球界の顔になる選手が顔を揃えます

現役選手でも
阪神鳥谷、ロッテ清田、ホークス内川などチームの中心選手がつけています
また、楽天松井のように甲子園で輝いたエースが付けている例もあります

背番号1は各チームの柱になる選手がつけるものなので
入団時からつけるというより
ある程度実績を残した選手が
球団に評価されて背番号1をもらうようです

セリーグでは今どの球団も世代交代の過渡期ということもあり
ヤクルト、広島、中日、DeNAでは背番号1をつけている選手はいません
(巨人は永久欠番)

◇金城か進藤か…
それではベイスターズの背番号1を振り返りましょう
前身ホエールズ時代では私も記憶になる谷繁元信
しかし
もっとオールドファンの方からすれば山下大輔のイメージが強いでしょう
さらに1960年初優勝時の背番号1は近藤昭仁

いずれも監督経験のあるレェンドばかりです

そしてベイスターズで最初に背番号1をつけたのは進藤達哉

以下がベイスターズ歴代背番号1選手です
選手の名前をクリックするとその選手の記事に飛びます

初代;進藤達也
(1993年~2000年)…記事には後篇もあり

ゴールデングラブ3回 不動のサード

2代目;波留敏夫
(2001年)

波留1番と謳うも、シーズン途中に中日へトレード

3代目;金城龍彦
(2002年~2014年)

ミスターベイスターズも、14年FAで巨人

背番号1という偉大な背番号だけに
このベイスターズ時代23年間でつけたのはわずか3人しかいません
しかも波留が1年つけていなかったことを考えれば
実質わずか2人

背番号1は、ベイスターズにおいても特別な背番号のようです

この3人の選手を
背番号1時代を中心に次回から振りかえっていきたいと思います

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。