また使い捨てで即戦力を獲得する高田GM ドラフト評価は50点


「失敗したドラフトだった」とは言わない
確かに指名選手の一覧を見れば
育成選手が全て入団してくれたと仮定して
バランスの良いドラフトだったといって問題はないのだろう

私も、今年のベイスターズのドラフト戦略を大きく否定するつもりはない
しかし、この4年間の高田GMのドラフトを振り返ってみると
やはりこの球団の編成には疑問がわく

今年のドラフトの顔ぶれを見て、来年最下位を脱出したい気持ちは伝わった
しかし、3年後または5年後に優勝したいというのはないように思える
高田GMは
「ヤクルトも最下位から優勝した。ベイスターズもそういう野球をして欲しい」

果たしてその言葉はどこまでほんとなのか…


▼不満はあるが、かなり良かったドラフト1位、2位

ドラフト1位で、多くのスポーツ紙が予想した通り
駒沢大学の今永を指名した
今年は怪我でほぼ登板がなかったが
3年生までならまず間違いなく大学No1左腕
また怪我で今年投げられなかったことが
逆に肩肘を痛めないで済んだとポジティブに考えることもできるだろう

私はベイスターズが優勝した10月8日生まれ甲子園優勝投手地元のヒーロー
さらに東海大系列との関係修復のため
そして何よりここ数年高卒投手を上位指名していなかっただけに
東海大相模の小笠原慎之介を指名すべきだと書いてきた

残念ながら、駒沢大と最近パイプが太いせいもあったのか
今永の指名となった
大学No1左腕を単独指名が出来た以上
私の個人的な希望と違っても
この指名は成功と言う言葉を使って間違いない

しかし、この今永以上の大きな収穫は
2位で指名した仙台大熊原健人

流しのブルペン捕手で有名なスポーツライター、安部昌彦曰く

『縦のスライダーもフォークも空振りの三振を奪える激しい変化。さらに何球続けられるのか、飽きることなく緩むことなく、投げられる渾身のストレート。吊り上った目で30球過ぎても投げてくる』
(10月23日付 日刊ゲンダイ 一部改)

実家は神社
目標は中日の浅尾
高校無名で大学も全国経験はない
経歴まで目標である中日浅尾に似通っているが
アマチュア野球に詳しくない私も熊原については聞いている

ストレートがスピードガン以上に早く
何よりメンタルが強い
山崎康のようなタイプになるかもしれない
個人的には、リリーフを任せてみたい投手だ

この熊原を2位で指名できたことは大きいだろう
しかし、3位・4位この指名には不満が残った

▼使い捨ての即戦力になるなら高校生を獲得して欲しかった内野手
3巡目;柴田竜拓 国学院大
4巡目;戸柱恭孝 NTT西日本

大いに不満の残る、内野手しかも遊撃手と捕手の
大卒・社会人の即戦力の指名

3巡目の柴田は、守備範囲が広く、内野守備は抜群に巧い。
そしてベイスターズの長年の課題の遊撃手
悪くない指名に思えるだろう

しかし、昨年社会人の倉本を指名し
12年に白崎を獲得している
どちらも正遊撃手候補としてだ

この2人は今年も遊撃手と多くの試合でスタメンで出場した
結果は、ファンの方も御存じのとおり、合格点をあげるには程遠い成績だった
しかし、遊撃手問題は一朝一夕で解決する問題ではない
倉本も白崎も
そして今年は結果を出せなった山崎も
まだ大いに伸びシロがある

それにも関わらず、ここでまた即戦力の大卒遊撃手を獲得した
柴田は守備のレベルは確かに高い
しかし打撃は倉本にも劣るとも勝らない

これでは、使う方に選択肢は確かに増えたが
結局倉本のようなタイプが一人増えただけ
悪い言葉を使えば
ドングリの背くらべのドングリが1個増えただけになってしまう程度だ

柴田にとっても倉本にとっても白崎にとっても、そしてチームにとってもうまくいくように思えない
だからこそ、私は来シーズンは倉本・白崎に山崎憲晴さらには飛雄馬
そして梶谷をもう一度遊撃手に再転向させて
本当の意味で一から遊撃手争いをさせるべきだと思っていた

内野手を指名するなら
ここに出した選手のひと世代下の高卒選手を指名するべきだと思っていた
進藤にしても、石井琢朗しても、そして石川雄洋にしても
高卒内野手の方がプロで大きく飛躍するチャンスもあるし
育成に時間をかけられる

柴田も白崎、倉本のように
1年目から1軍にはいるだろうけど
レギュラーには慣れるか微妙な選手を指名した

12年白崎、14年倉本、15年柴田
と遊撃手の素材に毎年困って指名するなら
藤田というプロで5本の指に入る内野手を放出しなければ
良かったのでは…

高田GMは自らの失敗を認める時がきたようである

▼即戦力の捕手がいらない理由
さらに4巡目の捕手、戸柱
昨年の都市対抗でホームランも放った社会人ベストナインに選ばれ
2塁送球1.9秒の強肩を持った
強肩強打の捕手

嶺井、高城、黒羽根といった3人の捕手が
皆期待以上の活躍を見せられなかった
今シーズンを考えれば悪くない

いや当然の指名に思える
しかし、これも私は不満だ
そもそも今年まで捕手がいまいち育たなかったのは
育てる人間が無能だったから

指導者経験も現役でマスクを被った経験も浅い新沼を
1軍のバッテリーコーチに置き
2年間も彼一人にこの3人の育成を任せた
新沼にも選手にも「お気の毒に」としか言えなかった2年間だ

これは新沼が悪いわけでも、3人の正捕手候補が悪いわけでもない
確かなバッテリーコーチを置けなかった高田GM初め、編成の責任だ

そしてベイスターズの捕手の最年長は
まだ伸びシロもあり、経験も浅い黒羽根
来年、まだ29歳(西森、靍岡も同じ年)

さらに、今回指名した戸柱は来年26歳
戸柱は、嶺井・高城よりも年齢は上だ
高田GMの考えでは戸柱の指名は、若手捕手が多いベイスターズ捕手陣に
アマチュアながら経験のある戸柱を加え
黒羽根の年齢的負担も減らす意味もあったのかもしれない

しかし、今ベイスターズに必要な捕手は
プロで経験を積んだ30以上の文字通りのベテラン捕手

2013年まで、ベイスターズにはとっておきのベテラン捕手がいた
鶴岡一成をプロテクト漏れさせていなければ
3人の捕手陣もそして新沼も違った形で
来季を迎えることができたはずだ

高田GMが
鶴岡のプロテクト漏れ戦略の失敗を認めたくないがために
ベテラン捕手を緊急的にも補強しなかったツケを今払わされている気がしてならない

▼5巡目以降は希望がる指名
5巡目;綾部翔 霞ヶ浦 投手
6巡目;青柳昴樹 大阪桐蔭 外野手
7巡目;野川拓斗 鷲宮製作所 投手

5巡目以降の指名は、正直私の勉強不足もあって
言う事も言えることもないが
6巡目青柳は夏の甲子園で見ることはできなかったが
ベイスターズにはいないタイプのパワーもある外野手
個人的に鈴木尚典のようなタイプになる可能性を感じている

7巡目の野川は
少し注目していた

育成ならあるかなと思っていたが…
持っているものはいいので直ぐに1軍で見ることがあるだろう

育成指名に関しては2巡目の元ロッテ監督山本功児の息子さんが入団するかどうか…
というより高校生の育成指名はリスクは高いが、3人共入団してくれるかどうか

▼我慢強いファンを信じて入団せよ

今回の指名は、比較的高い評価をする方が多いドラフトだと思う
私自身、もしブログを書くようなことぜずに
ただ、名前を見ただけなら文句ない指名と思うだろう

しかし、こうやってブログを再び再開するようになり
ベイスターズの今の戦力そして将来の戦略を考えてみると
やはり
ここ数年の即戦力上位指名

そして捕手・内野手の馬鹿の一つ覚えの大卒・社会人指名
この4年間のドラフトを振り返れば

高田GMはじめ編成の戦略に少しずつ疑問を感じている
もちろん、即戦力の内野手を今年指名したのは
バルディリスの残留が微妙であるのかもしれないし
我々素人一ファンにはわからないところもある

しかし
それでも
内野手と捕手に今苦労しているのは
高田GM、編成の大きな過去の失敗があるからだ

編成の尻拭いを新人にさせてしまうのは酷だ
それでも指名された新人を大いに応援しようとは思う
そして、今年野球賭博など多くの問題を球界が抱えた中
最下位のベイスターズに指名された選手達には大きな不安もあるだろう

そんなベイスターズに指名された選手に
ひとつ安心して欲しいことがある
このチームには

何年最下位になろうが
12連敗しようが
38年優勝から遠ざかっても

決して裏切らずに球場に駆け付けてくれる

球界一優しい我慢強いファンがいる

それだけでも、このユニフォームでこの横浜で野球をする価値はある

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1.  3位で柴田ので取れて高評価だと言われますが、この記事の通りさっぱり私には分かりませんでした。白崎や倉本だけでなく、山崎憲も居ます。山崎と白崎は2014年で12球団で断トツのRFを誇った優秀なショートなのに、これらの選手を我慢して使わずに、ここに柴田を加えていったいどんな意味があるのでしょうか。本当にショートが欲しいのなら、平沢を指名して平沢が育つまで、上記3人を使うべきだったと思います。

  2. 横浜大洋から応援し、98年には初戦、所沢での大勝、胴上げと3試合観戦、その後も弱かったけど楽しかったYBライフでしたが、TBSからモバゲーに移った頃から違和感が。春田氏のふざけぶりで同社の球団運営に?印が。未だに信用してません。そして今回のドラフトでの地元藤沢出身10月8日生まれの小笠原指名パスで、すっかり冷めてきてます。10月8日生まれの神奈川代表校甲子園優勝投手である(98年10月8日も甲子園でしたね)”持ってる”男を取りに行かなかったのは何故でしょう?? 来シーズンは”De”の帽子を被って中日戦を観に横浜スタジアムに応援に行きます。谷繁もいるし友利、佐伯、(波留)と懐かしい顔も観られるし、どっちの応援してるのかわからんよ。
    今日もトウチュウスポーツを買ってしまいました。YBの入団会見って何時あったの?ニュースとかで全然やんないじゃん。
    早くちゃんとした親会社に代わってほしい。

  3. >政人パパさん

    私も、小笠原の指名を信じていましたが
    最下位球団には、高卒を指名し10年先まで考えた選手の育成より
    即戦力で1年先のことしか考えられないんでしょうね
    残念ではありますが、首脳陣にしっかりしていただくしかありません

  4. ドラフトの記事楽しみにしてました。
    私自身大卒の即戦力の実力には懐疑的なので小笠原か高橋を一位指名して欲しかったです。
    やっぱり高卒でプロで鍛えた選手の方が応援する方も身が入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。