待たせておいてお茶を濁した組閣人事なら許せない


新監督が遅くに決まったから
コーチ人事が多少遅れるのはしょうがないとは言わせない

元々新監督にコーチを決める権限はなく
GMと編成が主導でコーチ人事を決めるわけだから

監督が誰になろうと先にコーチを決めておけばいい

ラミレス監督の就任記者会見でコーチ人事を発表できるのは…?

結局、組閣が遅れればコーチの成り手がいなくなるだけのように思える

▼経験のある外部招へいは上田コーチのみ?
現在公式発表で
来季ベイスターズのユニフォームを新たに着るの外部招へいが決まったのは
上田佳範前中日コーチのみだ

上田コーチの入閣については
個人的には評価しているし
上田は個人的には思い入れのある選手だ
松商学園のエースととして1991年
春の選抜で準優勝に導いた時の新聞がいまだに手元にある

t02200396_0480086413463880998

 

もちろん、私でなく父が保存していたものだが
松本にゆかりのある自分にとっては
思いいれのある選手の一人だ

上田は春の大会では、イチローとも投げ合っている
大会前のミーティングでは監督に口酸っぱく
「星稜の2年生松井と愛工大名電の鈴木(イチロー)にだけは気をつけろ」
と言われたというエピソードを雑誌で語っている

プロ入団後も
日ハム時代中日移籍してからも非常に関心は持っていた

プロで野手に転向し97年には3割に打率をのせた年はそれなりに嬉しかった

話が逸れた

上田のコーチとしての有能ぶりは
中日落合監督の下
守備面で大いに貢献したことなどで理解はしている
しかし、新人監督を一人で支えるだけの人材とは思わない

また、高田GMや池田社長の言う
「勝つためのチーム作り」には
上田一人では足りない

もちろん、現在別の大物人物と交渉中なのかもしれないが
巨人・阪神といったチームも新監督になり組閣はまだ決まらず
野球人であればベイスターズ以上に指導者をやってみたいであろう球団だ

チンタラしていれば
ただでさえ組閣の終わっている球団に良い人材を確保されているのに
まだ市場に残っている人材さえ奪われかねない

ラミレス監督就任直後は伊東昭光投手コーチ就任の話もでていたが…
残された時間はそうそうない

▼木塚は好きだが、コーチとして有能なのか判断できない
昨日は木塚スカウトがコーチに就任することが発表された
多くのベイスターズファンが歓迎ムードだが
あるブロガ-さんも記事にしていらっしゃったが

川村コーチより木塚コーチの方が有能という根拠がない

木塚コーチが1軍で投手コーチをしていた2011年、2012年のチーム防御率と
今年川村コーチが担当したチーム防御率はほとんど変わらない

また継投に関しても今シーズンは
川村コーチより中畑監督主導であった事が多々あっただけに
継投の失敗には同情の余地もある

もちろん、今シーズンの成績で
川村コーチを全く擁護するつもりもないし
インテリの川村には、現場よりフロントの方が力を発揮できるかもしれない

木塚コーチも2013年からファームコーチとしての指導は
非常に良かったことは周知の事実
また1軍で現役時代の職場だったブルペン担当コーチに復帰させれば
かなり力を発揮してくれるだろう

しかしもし木塚コーチや篠原コーチなど身内だけで
1軍コーチを編成してしまえば
結果は目に見えている

4年間監督として采配慣れしている中畑清ではなく
今度は外国人新人監督ラミレスだ
やはり、経験のある外部招へいのコーチを迎えたうえでなければ

1年後また木塚にユニフォームを脱がせるだけで終わってしまう

▼「後は監督の腕次第」…なら、早く組閣しろよ
ファーム含めてコーチ人事が決まり来季の組閣がしっかり決まらず
チンタラ感は選手もそしてファンにまでストレスを溜めている

もちろん秋季キャンプもあるし
ここで私が愚痴を言わずとも週明けには決まるであろう

しかし、先ほども述べたがラミレスの監督人事は
候補は色々あがったが、結局出来レース感は否めない

ラミレスと数回交渉と言う名の面談をしていることを見ても

他の監督候補として名前の挙がった人物と交渉も話すらしているか怪しい

それならば、コーチ人事も同時に決める事は可能であっただろう…

だいたい、ドラフト直後
満足いく選手の指名を終えたGMは
「後は監督の腕次第」と語ったが
コーチ人事が決まっていないのに
監督の腕次第も脚次第もあったもんではない

▼組閣の遅さは今年始まったことでもない

コーチ人事、組閣発表の遅さは何も今始まった話ではない

今年までバッテリーコーチを担当していた新沼にしても
来季も残りそうな小池にしても
辞任を決めた一輝にしても

皆、コーチの成り手がいないために無理やり引退させてコーチにしている
そして2軍のコーチを経験しないまま、もしくはたいして経験させないまま
育成より勝敗が大事な1軍でコーチをさせ
中畑監督に「コーチの育成も頼む」と余計な仕事を増やしている

金城や多村にしても、無理やり引退させてコーチにしようとさせた結果が
ベイスターズのユニフォームを脱ぐ原因となってしまったと言ってもいいだろう

高橋由伸や井端を無理やり引退させて指導者にした巨人を笑えない

もし、コーチの成り手に困っているなら
今ジュニアチームの監督させたり、遊ばせているOBを呼べばいい
独立リーグの指導者を過大評価して呼ぶよりよっぽどいいかもしれない

▼ファンは甘いわけではない
フロントは最下位の責任を現場にとらせて
偉そうにしてないで
しっかりやることはやってほしい

新体制が決まるのが遅くなればそれだけ、優勝は遠ざかると思って欲しい
勝ちに行きたいなら、迅速に勝ちにいける人事をして欲しい

38年優勝を待ったファンは、優しいかもしれないが
決して甘い目でチームを見ているわけではない

【追記】コメントでも頂きましたが、日刊スポーツの報道では光山英和がバッテリーコーチ、小川博文が打撃コーチとしての入閣が決まったようですね。光山は近鉄・巨人などで活躍。ベイスターズでも2002年に活躍しているOBです。まあ新沼よりは経験豊富なバッテリーコーチですね
小川博文も01年よりベイスターズで活躍した選手。進藤とのトレードで移籍した選手ですがその進藤と横浜のユニフォームを着るのは、何の運命か…それにしてもどちらも満足いく大物入閣といえるほどの人材とは(失礼承知でいいますが)評価できません。ちなみに投手コーチは篠原コーチと木塚コーチで1軍はいくようです…伊東昭光の入閣話はないのでしょうか…ラミレスの腹心がいないのも気になります。もちろん通訳さんとラミレスが馬が合うので腹心なしで良いという判断なのかもしれませんが、やはり首脳陣としての腹心をベンチに置いておかないと監督は苦労するでしょう
(8時28分 加筆)

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 一部報道によれば、外部招聘として光山がバッテリーコーチ
    小川博文が打撃コーチに就任予定のようですね

    週明けには組閣が決まるんではないでしょうか

    ただ大物入閣と呼べる人事はなさそうですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。