来シーズンこそ、まともな正捕手争いをさせてあげろ、首脳陣よ!! 


昨日から今朝にかけて光山英和のバッテリーコーチ就任
靍岡の戦力外通告など
ここにきてベイスターズ捕手陣に動きがでてきた

昨シーズン黒羽根で決まると思っていた正捕手争い
今シーズンは、黒羽根に安定さを欠き来シーズンの不安を抱えたままシーズンを終えた
ファンの間でも嶺井・高城・黒羽根誰が正捕手として相応しいか議論にもなり
また、日本ハムの大野がFAだと聞けば獲得しろと言ったり
嶋や炭谷にも移籍の可能性があると聴けば大金を叩けという状態
ファンも不甲斐ないベイスターズの捕手陣にストレスをためている

「2015年期待外れ、期待以上最下位の責任」とテーマを題して
今回は決まらなかった正捕手争いを論じていきたい

▼正捕手争いの3人
黒羽根、高城、嶺井
現時点で彼らの実力は全くの横一戦と見て間違いない
今シーズン終盤嶺井が打ったから1番正捕手に近いとか
高城は若くて期待できるから正捕手にするべきだとか
黒羽根の肩こそ通年マスクを被るべき素材とか

はっきりいって武山細山田並みの不毛な議論である

今はこの3人に総合力で大きな差はないと見ていい
この3人の特徴を簡単にまとまる

☆黒羽根
3人に中で1番肩がいいのは間違いなく黒羽根だ
それは2014年シーズン高かった盗塁阻止率からも見てとれる
細山田・武山論争の時から黒羽根も争いに顔を出していたことからもわかるように
プロでの経験も彼が1番ある
開幕マスクもこの4年間で3度経験
投手とのコミニケーション力も高く
本来ならキャプテンマークなんかをつけてチームを引っ張り
今シーズンも1年間レギュラー捕手としてシーズンを終えて欲しかった
ファンに正捕手論争なんていう不毛な議論をさせてしまっている原因の張本人
黒羽根は自分の経験や実力を信じてあげていなくて
自信なさげに見えるリードはスタンドで見ていて非常に残念
もう少し堂々としていれば投手も投げやすいだろう


☆高城

新人時代からベンチでメモを取り、先輩黒羽根や鶴岡にも話を聞きにいき
自主トレで谷繁に同行させてくれるよう自ら連絡をするなど
貪欲な姿勢は、3人の中で1番高い
今シーズンはベテラン三浦と1番コンビを組むことも多く
吸収できたことも多いだろう
今年はプロ初本塁打も経験し成長した
ただ、交流戦での西武戦で5本の本塁打を許したことを例に挙げずとも
90年代初期の谷繁のような、同じリードを何度も繰り返す特徴がある
それが効果的な時もあるが
一発長打の多い打者が並ぶ西武のような打線では痛手にもなる
若さからくるものなのか高城の特徴なのかわからないが
しっかり自身のリードの癖も貪欲に研究して欲しい

☆嶺井
今シーズン後半戦のメイン捕手といっていいだろう
この自信は来シーズン生きるだろう
打撃も3選手の中で一番結果を出し5本塁打
ベイスターズの捕手で5本以上の本塁打を記録したのは
2008年の相川以来7年ぶり
高城のように貪欲な姿勢もあり、ベンチでメモをとる姿も見られた
驕りが生まれなければまだまだ伸びる可能性が高い

▼雰囲気が非常に悪かった今シーズンの捕手陣
3人の捕手の特徴を簡単に書いてみたが結局は一長一短
今年首脳陣が鳥の目のように3選手を使ったのはある意味しかたがない起用だろう

しかし、私は今シーズンに限っていえば正捕手争い出来る土壌が
ベイスターズの1軍にあったとは思えない
それは、経験の浅いバッテリーコーチと気分で捕手を変えていた監督の下
争っている捕手陣も戸惑っていたように見えたからだ

首脳陣は戦略的なことで捕手を起用することより
後半戦は特に首脳陣の好き嫌いで起用してしまった感がある

特に中畑監督は黒羽根に対しての不満を平然とメディアで言うのが目に付いた
ファンからすれば、耳を疑うような発言をしていた時もある
事実、そのような発言が指揮官から生まれて以降
黒羽根がスタメンマスクを被る機会はほぼなくなり
高城にはファームに落としてマスクを被る機会を作っておきながら
黒羽根は1軍ベンチに置くだけで半ば死に駒にしていた
「俺は死に駒を作らない」言い桑原を起用し続けた中畑采配らしくない…

もちろん今シーズン黒羽根のミスも目立ったし
またダグアウトでしか知り得ない何かがあったのかもしれない
しかし、メディアの前での選手批判やあからさまに干すのは
該当選手のモチベーションを下げるだけではなく捕手3人の雰囲気も悪くする

昨シーズン、また一昨年のシーズンに見られた
ベンチでの捕手同士のコミニケーションが今年極端に少なかった
イニング間の投球練習後の
スタメン捕手と控え捕手との関係も冷めきっているように見える…
明らかに雰囲気が悪く映る

それは、チームの低迷から私の目にそう映ってしまっただけかもしれないが
首脳陣特に監督の起用と選手の不満の間に入らなければならなかった
バッテリーコーチの怠慢が生んだと思う
ラミレス監督と光山新コーチはその辺のことも大きな課題になる

▼来季捕手3人制で通年戦え
今年、交流戦中、捕手2人制で流れを悪くしてしまったことがあったが
来シーズンは通年1軍は捕手3人制でいい
もちろん1軍に黒羽根・高城・嶺井
もしくは新人の戸柱の誰か3人を1軍に置くことで実戦経験が減る捕手もいる
1軍のベンチに置くよりファームの試合に出した方がいい場合もあるかもしれない
しかし
今は伸びシロがなくなる可能性を覚悟したうえで
ファームの試合は無視で1軍の舞台で争わせていい
1軍で育成しながら、勝つ野球をしていくしかない
新沼なら無理だが、光山ならそれは可能であろう
特に光山は戦略・作戦面で大いに才能がある
1軍にいる捕手陣は勉強になることが多いだろう
ただ、今年のように投手ごとに捕手を代えるのはナンセンスだと思うので辞めるべきだ
結果をだしていないベイスターズ先発陣に捕手を選ぶ権利なんか与えてはいけない
捕手の起用はカード頭で使った捕手に3連戦なら3試合全てスタメンマスクを被らせて
カードごともしくは対戦チームごとに捕手を起用していくようにした方がいいように思う

▼もう1年待って欲しかった靍岡
昨日戦力外通告を受けて靍岡
ドラフトで2人も指名していたし、戦力外はしかたがないという見方もあるが
個人的にはもう1年は見たかった
彼のリードはオーソドックスだが
危険は少なくファームでは良く味方の投手の特徴を理解したリードを魅せていた
そして昨年は春先モスコーソを巧くリードし初勝利に導いている
黒羽根・高城・嶺井といった3人の捕手の補欠にはもってこいの選手だった
ファームには西森という同年代の支配下捕手もいるが、代走としての価値が高まり
捕手としての魅力は靍岡より落ちるだけに年齢的にも後1年見たかった

▼潜在的な能力は高い黒羽根・高城・嶺井
FAで捕手をとるより1億かけてバッテリーコーチをとれ
また使い捨てで即戦力を獲る高田

でも書いたが今のベイスターズに1番必要なのは
確かな経験のあるベテラン捕手だ
ベンチに置いて若手の黒羽根・高城・嶺井がコミニケーションを獲りやすいベテランだ
それがいないのがベイスターズの1番の問題点
本来なら13年まで所属していた鶴岡がもってこいだった

それは、高田GMもわかってるはずだ
わざわざドラフトで社会人捕手をとったところにも
ベテラン欲しさが表れたように見える

日本ハムの大野がFAをせず残留するようで
ベイスターズが今年FAで捕手を獲得する可能性はなくなったが
そもそも中途半端に捕手なんてFAで獲得しても正捕手問題は解決しない
楽天の嶋がFAするなら欲しいが
ベイには用意する大金もないし用意しても今のベイには来ない
だから育成するしかない
ただ、贔屓目なしで今のベイスターズで正捕手争いをする3人
黒羽根・高城・嶺井は潜在的にかなり高いものを持っている
細山田・武山なんかより高い
育成する人間に確かな指導力があれば
必ずこの3人の中からベイスターズの屋台骨になる選手がでてくる


▼優勝には正捕手が必要

私は敢えて後半戦出番の少なかった黒羽根と高城に期待する
特に黒羽根
現状、ベイスターズの捕手3人を90年代初期の大洋で喩えれば
高城があの当時の谷繁、嶺井が秋元
そして黒羽根は晩年の(衰えをみせた)市川のようになっている
しかし黒羽根はもう少し自分を信じてまた首脳陣が巧く使えば
まだまだ秋元にも谷繁にもなる
潜在的能力が高いのだから自信を取り戻してほしい

正捕手を育成するには時間がかかる
しかし素材だけならベイスターズは12球団1の捕手陣だと信じている

確かな指導力が大輪の花を咲かせる
先発投手の不足、センターラインの強化、チーム全体のメンタルの弱さ
ベイスターズの優勝に足りないあらゆる原因は
正捕手問題が肩付くことで8割は解決する

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. >桜木町さん
    光山の解説は、的を得ていること多いんですよね
    よく選手を観察しているし試合の流れを良く読める人だなと思いました
    もしかしたら近い将来光山を作戦コーチもしくはヘッドコーチにしてもおもしろいかなと考えています
    ただ、今はバッテリーコーチとして捕手陣を鍛えていただかないと困るのでなんとかベイの捕手陣を1本立ちさせていただきたいですが…
    石川に関してはベイスターズファンの中では意見が2つに大きく分かれますよね
    過大評価か過小評価って感じがします
    私も桜木町さんと同じようにFAして獲得に動く球団があるかな?という疑問と
    石川自身ベイスターズにいる方が試合に出場できると計算して移籍しないだろうなということです
    ですから2年契約を提示しなくても本人は残留したでしょう。
    山口であれば、3年単位で複数年結ぶ必要性は感じますね。投手の名コーチが球団にいけばすぐに10勝はするでしょうね

    またコメントお待ちしています

  2. 管理人さんこんにちは。
    光山コーチは良いかも。といいますのは、今年のCS1ステージ日ハム対ロッテの第1戦をCS放送で観戦していましたが解説が光山氏でした。投手の全球にわたってその意図を投球前に解説しなるほどと思っていました。秀逸だったのは、「大谷のストレートを見逃しているようではだめ、ストレートを打たなければ大谷は崩せません。ません。」とのことでしたが、さすがロッテでその通りストレート狙いで打ち崩しました。これが夜の「プロ野球ニュース」の不勉強な解説者あたりは「大谷は調子がいまいち、あまいところに来てました」となってしまいます。光山の解説を聞くのは初めてでしたが感心しました。
    石川はFAしないで複数年提示されたとのことで、FA宣言しないように願うファンも多かったでしょうが、私はFAで採る球団など無いと思っております。確かに上達していますが、どうしても優勝チームの二塁手というイメージが湧いてきません。しかし、このFAが山口俊だったらたぶん引く手あまただろうなと思いますが。
    また機会がありましたらおじゃまさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。