1998年5月16日 対中日5回戦 波留復帰、マシンガン打線の役者は揃った


1998年5月16日対中日5回戦
波留が来た!

o0550032113484277320

【スタメン批評】
(ベイスターズ)
この日から脱税事件の処分が空けた波留が1番センターで登録即スタメン復帰
ようやくマシンガン打線の役者は揃った
前日の試合で4安打を放った畠山が2試合連続でスタメン出場
先発安定感のある左腕野村
(ドラゴンズ)
5月13日に怪我をしたゴメスがこの日もスタメンを外れ4番には山崎が入る
5番の安田は日ハムからこの年移籍し、重宝される
先発は往年のカーブはなりを潜めているが、それでも健在の今中

【試合ダイジェスト】

復帰初戦の波留は1打席目は内野ゴロで終わるが
続く石井琢朗がツーベースで出塁すると天才鈴木尚典がタイムリーを放ち先制する
横浜先発野村3回、5回と4番に入る山崎にタイムリーを打たれ逆転をされる
6回途中4失点で降板した野村とは対照的に
中日先発今中は威力の落ちたストレートを丁寧にコントロールして5回を2安打1失点で抑えると
横浜打線は6回からの日傘-正津―落合-遠藤-サムソンの中日の継投の前に無失点
1-5で敗れ、波留の復帰初戦を勝利で飾れなかった

★PLAY BACK98年コラム“あの時あの星たちは”
98年5月16日「波留はあけぼの、やうやう白星なりゆく」
■波留がいない、春のベイスターズ■
kiroroが「長い間待たせてごめん~♪」とデビューした98年
ファンが1カ月以上の間、首長くして待っていたのが波留敏夫だ
彼は怪我をしたわけでも、調子を落としたわけでもない
ましてや首脳陣から干されていたわけでもない、いや首脳陣からの信頼は高かった
しかし開幕してから1カ月あまり1軍はおろかファームの試合にも出場していない
この半年前…
「大変申し訳ありませんでした」
スーツ姿で謝罪会見に臨む波留の姿があった
97年のオフに発覚したプロ野球選手の脱税事件
今ではレジェンドとされるホークス小久保やヤクルト宮本も関わった社会問題ともなった事件
いや犯罪にベイスターズからも波留、万永、川崎
さらには不起訴となったが米の4選手が関わっていたことが発覚した
特にベイスターズの主力として成長していた波留がこの事件の名前にあがった時の
ファンのショックは計り知れなかった
執行猶予が付いたとはいえ、懲役10か月と罰金刑を受けた犯罪に
手をそめた選手にプロ野球コミショナ-は厳しく対応し
波留は開幕から6週間の出場停止処分を受けた
しかしこれだけの処分ではすまなかった
当時の監督権藤は大堀球団社長に「中途半端なことはよくない」
と脱税に関わった選手への厳しい処分を求め
球団独自の処分として出場停止期間中のファームでの試合出場も禁止された
この処分は他の球団ではなかったものである
つまり、波留は処分が空ける5月まで実戦を積むことが出来ない状態だった
しかしそれは監督権藤にとっても苦しかった

■波留がいないのを逆手にとった戦術■
前年のシーズン彼の活躍がチームを勢いつけていただけに新監督権藤にとっても
波留を欠いたまま開幕1カ月を戦うことは苦しくなるだろうと予想されていた
しかし権藤は波留の離脱をプラスに考えていた
「計算できない怪我での離脱より6週間で帰ってくると分かっているだけに逆算して戦える」
波留が復帰するまでの1カ月を5割で乗り切ることを考えていた
そしてもうひとつ
「波留の居ない分、他の野手で補えばレギュラーと控えの差が縮まり厚みが生まれる」
レギュラーと控えの差があまりに大きすぎるのはベイスターズが抱える大きな問題でもあった
そしてその言葉通り、波留のいない1カ月で控え選手が台頭する
開幕スタメンを勝ち取った井上純、ベテラン畠山、近鉄から移籍した中根、荒井…
控えの選手も波留の穴を埋めても猶お釣りがくる活躍を見せてくれる
この1カ月での間の控えの選手の成長は、夏場以降主力に疲れが見えると
チームを支え、優勝に向けてさらに大きな戦力になる

■野球がやれる喜びを感じる波留の力■
チームの戦力に厚みは増したが、やはり波留がいないとチームの白星は増えない
「足が震えて仕方がなかった」と1打席目の感想を語る波留
97年の脱税事件の発覚後、彼は野球選手を辞めなくてはならなかったかもしれない
それは、現在進行形で起きている賭博事件での3選手の処分を見ればわかることだろう
脱税と賭博が別次元の話だとは思わない
しかし波留は野球をもう1度やれるチャンスを与えてもらった
球団は独自の処分として脱税に関わった選手に対して2軍での出場も禁止していたために
一度も実戦を経験できなかった波留
しかしユニフォームを再び着て野球をやれるだけで喜びを感じることができた
そして権藤は波留を特別待遇で処分明け直ぐに1軍昇格、即スタメンで使った
これを波留が粋に感じないわけがない
「あまり考えてやるんは得意じゃない、ただがむしゃらにうあるだけ。最初から結果なんて求めてへんって思ったし、首脳陣も何のためにスタメンで使ったか考えれば、チームのムードを盛り上げたりそういう雰囲気を大事にしたいと思っているんだろう。」
自分に求められていることは、成績だけではない!
復帰したこの日、4打数無安打で終わった波留は決して下を向かなかった
そしてこの日スタメンで使った権藤も翌日もその翌日も波留をスタメンで使い続ける
波留がいることでチームが熱くなるのを権藤は97年のコーチ時代に知っていた

■熊谷組OBとして■
98年、スポーツ界では多くの明るい話題があった
横浜高校春夏連覇、ベイスターズの優勝、サッカーでは初出場したフランスワールドカップ
そして長野五輪、明るい話題が多い
しかし社会、経済ではまだまだ暗い話題が多かった
バブル崩壊の後遺症が蔓延し、失業率は4%を超え
新聞の1面は「不良債権」「倒産」などの見出しが連日踊り
経済の悪化は社会を乱し
保険金目当てのカレーの殺人事件が起きれば、子供たちも「キレる」
そんな暗い世間の煽りを実は波留も受けている
1994年社会人時代に在籍していた熊谷組野球部が本業の経営悪化で社会人野球を撤退
波留はその日にベイスターズに自らを売り込み、プロの門を叩いている
自分にプロ野球選手になるチャンスを与えてくれた熊谷組に感謝している
OBとして波留はプロで躍動する姿を当時の仲間たちに見せたかっただろう
そして脱税事件で裏切っても尚応援してくれるファンの気持にも応えなくては、ならない
この日敵地名古屋ドームで、波留がスタメンでコールされるとレフトスタンドから大声援が送られた
ベイスターズを優勝させることが波留には求められている
“波留はあけぼの、やうやう白星になりゆく”
この日、38年ぶりの奇跡へ役者は揃った

次回は、5月17日対中日6回戦を振り返る

【試合結果情報】
5月17日対中日6回戦@ナゴヤドーム
ベイスターズ1-5ドラゴンズ
勝:今中2勝3敗
負:野村2勝3敗
観衆:40500人
試合時間:3時間1分

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。