優勝しなければ意味がない大会を優勝できなかった恥ずかしさ…


まさかの敗戦…

まさかの継投…

まさかの…

日本有利の大会でありながら、8回まで3点リードしながら負けてしまった…

はっきり言ってこの大会に意味はない

それはこのブログで何度か書いた
お寒いプレミア12、こんな大会に筒香や山崎が出場する意味あるのか

野球は世界大会向きでない事を証明するプレミア12

しかしこれらの記事では
優勝すればそれなりの意味があるとも書いたが
現実は準決勝敗退…

日本代表にとっては何も残らなかったといっていい大会になってしまった

それでも筒香にキャプテンシーが付けば問題ない
試合前から言い訳する韓国に当然の勝利!筒香はキャプテンシーを高めて帰ってこい

と初戦の韓国戦に勝った時に更新した記事で書いた
(しかし、今改めてみると恥ずかしいタイトルの記事だな、韓国に負けてるじゃねえか!!)

日本有利の大会で準決勝で敗退し
しかも感情的に1番負けたくなかった韓国に敗れてしまった以上
敗れた選手達に
「日本代表素晴らしかったよ~」とは言えない

しかしこんな大会を
なんとか盛り上げようと怪我のリスクを背負ってまで
必死に戦った選手を批判する気にもなれない

とにかく筒香と山崎が怪我をしないで帰ってこられたこと
一番の収穫ぐらいに思うしかない

ただ、東京五輪でもし金メダルを逃すようなことがあれば
いや、今回のように準決勝で敗れればしかも相手が韓国であったら
日本国民の感情も今回程度のフラストレーションではすまないだろう…

まあ、いい

難しいことは考えずに筒香と山崎は暫しゆっくり休養して
ウィンターリーグにロス留学に精を出して欲しい

「えっ、3位決定戦がまだあるの?」

いやいや、もういいでしょ!?帰らせてやれよ
やっぱこの大会クソですわ

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. >名無しさん
    ほんとにこの大会は余裕で日本が勝たなければいけない大会だったのにあんな采配で負けたのであれば、監督はクビもんですよね
    小久保はNHKの解説でセリーグも観てたと思うんですが選手の何を見ていたんですかね…
    9回はランナー出たとこで牧田でも山崎でもいたのに…
    もったいない敗戦ですね

  2. >30年目のファンさん
    結局、小久保は何がしたかったの?って感じですよね
    ほんとに絶望的に継投がダメすぎて観ていて開いた口が塞がらないってこの事を言うのかって感じです。
    中畑も継投はクソでしたが、それ以上でしたね…
    わざと負けてるのか…八百長か…そんな小久保の継投でした

    山崎も筒香もとにかくシーズン中の疲労がどの程度たまってるのかが心配です
    どっちかが開幕間に合わなければ戦力が薄いベイはその時点でジエンドですからね?とにかく疲労回復が第一です

    いやーそれにしても小久保は酷い…

  3. こんにちは。本当は前の記事にもコメントしたいのですが、取り急ぎこちらだけ。
    就任の経緯も含め、小久保の指揮官としての手腕には、ずっと違和感をおぼえていたんですが、少なくとも投手の運営に関してはどうしようもないレベルだな、というのを強く感じた大会でした。
    いわれてみればいびつな編成でしたね。先発系とクローザー系しかいなかったわけですから。昨日の敗戦、悪いのは打たれてしまった投手たちより、小久保の継投ですよね。大谷に8回まで投げさせ、最後をクローザー(なぜ昨日は澤村をつかわなかったのでしょう)、或いは1イニング則本で行くべきだったんじゃないかと。
    傷口がひろがってからクローザー系を次々ぶち込んでも、火消しはそうそう出来るものではなく、最初から火事が起きない予防線を張るのが現在の継投のはず。鹿取は何も意見できなかったんでしょうか?
    しかし、山崎は不思議なくらいに使われませんでしたね。公表されていない疲労や故障があるなら、「日本代表に選ばれました」という既成事実をつけるだけのために代表に帯同するのはやめてほしかったです。筒香もそうなんですが、(DHは拙守が理由としても)けがが完治しているわけではなく、この後筒香はドミニカ、山崎はアメリカに行く予定になっているのが…怪我や蓄積疲労のケアが出来ないまま、海外に武者修行に行っても、来春のキャンプやオープン戦、開幕の頃になって、治っていません、間に合いませんでは本末転倒なのですが。そのあたりの対策が出来ているのか心配でなりません。
    にしても、ある意味日本優勝の為に用意されたような大会で負けるのですから…所詮、つくられた名将なんて、そんなものですね。王会長が自分たちが傷を負わない代表監督に小久保を推しても、秋山の後釜に小久保を据えなかった理由がみえたように思いました。

  4. あの継投はないですよね!?
    大谷・則本は160km/h近く投げる本格派投手。流石に相手もナショナルチーム速球に目が慣れてきます。だから9回は牧田を登板させて球の出所、速度で翻弄できたはず。若しくはマウンド慣れしている澤村か沈むボールを投げるヤマヤス。これだけ選択肢が有るなか、唯一間違えてはいけない物を選択をしましたね。松井は今大会通じてスライダーを投げていなかった感じですが投げました? (チェンジアップとストレートのイメージしかない)捕手の嶋は急に勝負を焦りだしましたね!!暫くは国際大会はないから代表監督はまず「視察」を年間60試合見て欲しい。(セ・パ30試合ずつ)選手の特性まで掴み切れなかった首脳陣の責任です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。