背番号0山崎憲晴、地獄を見た男の0歩目  

背番号0が見た地獄 苦しみぬいた地獄でも彼は笑顔であることを忘れていない 2016年、小技だけでなく飛距離も求めて前年オフから肉体改造を行っていたが 2月5日の二軍嘉手納キャンプでの練習中に左膝を負傷 左膝内側側副じん帯

もっと読む

筒香嘉智の復調を待つ余裕があるか… 2017年4月16日対ヤクルト 6-3○

LAのライトフライが全てだった 彼の不調は、あの一打から始まったと言っていいだろう 既に1ヶ月がたとうしている 日本時間3月22日、ロサンゼルス ドジャーススタジアム 降り続く雨はそこで国を賭けて世界最高峰の野球をしてい

もっと読む

石川雄洋、控えとなった背番号7が掴んだもの…

暗黒時代の象徴、背番号7 昨シーズンCS進出を果たし、長い長い暗黒時代をベイスターズは抜け出したと言っていいだろう 今シーズンは指揮官も選手もそしてファンも本当の意味で「目標は優勝」と言える 思えば2005年の3位を最後

もっと読む

後藤武敏と長田秀一郎、松坂世代集大成の答え…  

あの年から19年後の春 4月2日利府で行われた楽天イーグルスとのイースタン公式戦 彼は6回から代打で出場した、チーム野手最年長のベテラン 調整が任されている彼が遠く宮城利府まで遠征に同行する必要もなかっただろう しかし、

もっと読む

伝説の22番をつけた高崎健太郎の現在地

伝説の背番号22を背負った元エース 昨年まで三浦大輔がつけていた背番号18は今とりあえず半永久欠番的扱いになっている おそらく次三浦が監督するまでは敢えて空き番号にしておくんではないかと思う ベイスターズファンにとっては

もっと読む

18番がハマスタのマウンドに立たない日々

チームは好調、しかし… 6月16日の試合は雨天中止 来週の月曜日以降に延期されることになる 今シーズンDeNAが企画された「We☆LOVE BayStars」として横浜大洋のユニフォームで 試合をするカードもこのファイタ

もっと読む

長田、後藤が優勝のキーマン!

若手の奮闘で2位のベイスターズ! まずは快星会は頭を下げろ! 交流戦はここまで7勝5敗、セリーグ順位は2位 はっきりいって文句なし、出来過ぎともいえる シーズン前にそれでも最下位が現実的な理由という記事を書いた私からすれ

もっと読む